私立中学・高校へ行こう朝日入試相談会情報

大阪薫英女学院中学校・高等学校

ここが魅力ポイント!Check Point

一人ひとりが成長できる学校

中学校から6年間、薫英で学びました。在学時に頑張ったことは「クラス委員」です。委員としてクラスをリードするのはとても難しいことでしたが、中学2年から高校3年まで薫英のクラス委員をしたことは、とてもいい経験になり、私の強みになっています。 
英語学習では、在学中に1年間のニュージーランド留学を経験したことが大きなプラスになり、帰国後も英語力の維持・向上に努めました。日常でもスマホの言語設定を英語にしたり洋楽を楽しんだりと、普段から英語で考え話すよう心掛けています。
薫英は、楽しくアットホームで一人ひとりが成長できる学校だと思います。何か問題が起きたとしても,先生は放置せず話し合いの時間を設けてくれたり、相談にのってくれたりずっと向き合ってくれました。学業でついていけない子が置いていかれることもなく、サポートがしっかりしていました。在学中、先生と話す時間が大好きで、放課後によく話しかけにいったことを思い出します。私にとって、薫英は第2の我が家です。

(国際科 林 真有さん)

学校自慢
その1

自分の「好き」を見つける7つの多彩なコース

国際特進コース…クラス全員がニュージーランドまたはカナダへ1年留学をします。英検1級・準1級取得、国公立・難関私大合格をめざします。
国際進学コース…クラス全員がニュージーランドまたはカナダへ1年留学をします。英検準1級取得、難関私大合格をめざします。
文理特進コース…授業を大切にし、さらに放課後や長期休暇では独自の学習講座を開講します。学習習慣を築き、主要5教科の高度な学力を養成し、国公立・難関私大合格をめざします。
英語進学コース…実践的英語力を高め、英検準1級・2級取得をめざします。高2の夏休みに約5週間のニュージーランド短期留学を実施します。
文理進学コース…各教科を基礎から学習し、3年次の受験科目や将来の夢を見据えて文理選択をし、難関私大・医療看護系の大学合格をめざします。
総合進学・保育進学コース…クラブ活動や学校行事にも積極的に参加します。併設大学と連携した授業を選択することができ、幅広い知識を学びます。
スポーツ・特技コース…スポーツや文化・芸術分野における優れた才能を持ち、前向きな意欲と強い情熱のある生徒を対象としています。

学校自慢
その2

20年連続英語検定1級合格

本校では英語検定試験を学校行事の一つと位置付けて体育祭や文化祭のように中学校及び高校の全コースが参加します。生徒たちが一つの行事に向かい、達成感を持つ取組みを学習にも展開しているといえます。
 中学生は4級からスタートして3年後の卒業時に全員が3級合格(うち、75%が準2級以上)、高校生は各自の目標を定め、卒業時95%が準2級以上(うち、76%が2級、準1級、1級)を2020年度は達成しました。特に国際科は1年間の海外留学を経て卒業時50%の生徒が準1級を取得しました。  また、外交官レベルの1級は20年間連続合格を更新しています。さらに、昨年度は普通科文理特進コースからも1級合格者を2名輩出することがすることができました。
 大学入試おいて、英語検定試験の結果を加点や換算点などとして扱う大学が増えており、本校にとっては英語が得意な生徒はもちろん、苦手な生徒であっても英検取得がメリットになっています。

学校自慢
その3

卒業までに全校生徒が海外体験を

カナダ、イギリス、ニュージーランド、シンガポールなど長・短期間はありますが、高校卒業までに生徒全員が海外体験をする機会を持つことができます。国際科は1年間をカナダ、ニュージーランドの現地校で過ごし、ホームステイで生活します。過去34年間で4500名の生徒が参加し、卒業後に世界で活躍する女性となっています。
普通科の修学旅行はニュージーランド8日間、スポーツ・特技コースの修学旅行はシンガポールです。普通科英語進学コースは希望者で約6週間の短期留学(現地校、ホームステイ体制)を実施。夏季休暇を利用した希望者によるカナダ、イギリス短期研修は中学生も参加でき人気です。
海外から改めて日本を見る体験は人生観を変える大きな要素にもなっています。

詳しい学校情報はこちら