/* Template Name:大阪学院大学高等学校 */ 大阪学院大学高等学校|学校自慢 - 私立中学・高校へ行こう! 関西の私立中学・高校を目指す受験生、保護者を応援する中高進学・入試説明会最新情報

私立中学・高校へ行こう朝日入試相談会情報

大阪学院大学高等学校

ここが魅力ポイント!Check Point

たくさんの部活が活発に活動

本校にはたくさんの運動部があります。どの部活動も精力的に活動しており、多くの部活動が各種大会で上位に入賞しています。中には全国大会で活躍している部活動もあります。
また、高校から始めることができる部活動も複数あり、そういった部活動も大会でより良い結果を残しています。「高校1年生から始めて3年生で全国大会に出場」というのも夢ではありません。 もちろん、生徒の本分である「学業」も各部活動が率先して両立を推奨しています。
本校は小さな頃から運動に携わってきた子どもたち、各スポーツ第一線で活躍するような子どもたちでだけではなく、「学業との両立をしたい」、「運動は少し苦手だ」という子どもたちに身体を動かすという選択肢がある学校です。 多くの子どもたちが部活動に所属しており、充実した3年間を過ごしています。

(運動部主任 古賀 拓生先生)

学校自慢
その1

スポーツ施設がすごい!

校舎横の人工芝フィールドのほか、サッカー部専用のフィールド、陸上トラックとウッドチップのクロスカントリーコース、ラグビー・アメフト練習場が完備されたスポーツフィールドがあり、すべてのフィールドにナイター設備を完備しています。 専属トレーナーが常駐しているトレーニングジム、野球場、2か所にある体育館、全9面のテニスコート、 グリーンとバンカーが備え付けられたゴルフ練習場、弓道場などのスポーツ施設を整えています。
全国トップレベルのスポーツ施設のさらなる発展に向けて、旧校舎の広大な敷地は様々な種目に対応したスポーツフィールドへと整備を進めています。※2022年10月完成予定。
大阪学院大学の卒業生、高橋尚子特任教授(シドニーオリンピック金メダリスト)をはじめ、様々なスポーツ分野で一流の指導を受けることができ、各クラブで毎年大きな成果を上げています。

学校自慢
その2

高大7年一貫教育

将来の夢をかなえるために、高校から大学での就職活動や内定に至るまで、一貫したサポート体制が整っています。 グループ校の大阪学院大学・大阪学院大学短期大学部、AST College※への内部進学制度があります。成績に応じた学費減免制度も充実しており、毎年多くの生徒が内部進学制度を利用しています。 短期大学部やAST Collegeから大学への編入学も可能なのは、グループ校ならではの強みです。 (※AST Collegeとは、大阪市北区にある関西経理専門学校、関西医科専門学校の総称です。)
在校中に大学の授業を受け、単位を修得することができます。 高校の授業では、大学生や様々な業種で活躍する方々の講演を聞く機会があり、「将来何がしたいか」を早くから考えていくことができます。
また、内部進学した生徒はTOEICⓇ講座や公務員試験対策講座などの40講座以上を無料で受講することができ、資格取得も強力にバックアップします。

学校自慢
その3

「待つ」学びから「向かう」学びの教科センター方式へ

教科センター方式とは、生徒が教科ごとに専用の教室へ移動して学ぶ方式です。 先生を待つ「受け身」のスタイルではない、「向かう」スタイルには、学習意欲や学力の向上をめざす上で、3つのメリットがあります。
①授業ごとに教室の確認、教材を準備する必要があるため、計画を立てて行動する姿勢が身につき、集中して授業に取り組めます。
②教科によっては理解度別の授業も行います。
熟度に合った授業を受けることで学力を伸ばし、教科ごとにメンバーが変わるので、生徒同士の交流が広がります。
③各教科の教室に書籍や資料が整っているので、教科の魅力がダイレクトに感じられ、もっと知りたい、もっと学びたいという学習意欲を刺激します。
これらのメリットは、社会で活躍するための土台となる、7つの力を育みます。
1.伝える力(コミュニケーション能力)、2.聴く力(理解力の向上)、3.認める力(肯定感の醸成) 4.創造する力(柔軟で豊かな発想)、5.疑問を持つ力(多角的な視点)、6.行動する力(責任感・自立心の育成)、7.深く考える力(課題解決力)

詳しい学校情報はこちら