/* Template Name:平安女学院中学校高等学校(女子校特集) */ 平安女学院中学校高等学校|女子校特集 - 私立中学・高校へ行こう! 関西の私立中学・高校を目指す受験生、保護者を応援する中高進学・入試説明会最新情報

私立中学・高校へ行こう朝日入試相談会情報

平安女学院中学校高等学校

卒業生インタビューOB Interview

高校3年生幼児教育進学コース 黒石さんの成長

卒業を間近にして、自分自身の成長について書き記してくれた一文は、本校の教育が求める本質そのものです。入学を検討されている多くの中学生のみなさんに届けたい手記です。

卒業を目前にした今、過去の自分と見比べて大きく違うところは自分を愛することができるようになったところです。 この学校に入学してから、自分を愛する、自己肯定感といった言葉を聞く機会が増えたような気がします。怒られるばかりで、何をやっても上手くいかない私にとって「自分を愛しましょう」という言葉は重く、耳にするたびに苦い気持ちになりました。嫌いだという感情よりもずっと深い失望感や惨めさでいっぱいで、自分を愛することがどうして必要なのか理解することができませんでした。毎日、「こんな私をどうやって愛せばいいんだ」、「愛せる箇所なんて見つかるはずない」と自分に言い聞かせ、自分を愛する資格なんて私にはないんだと思い続けました。こんな私が笑って良いはずない、こんな私が愛されていいわけがない、と。自分からの痛みにも、他人からの痛みにも鈍くなった、私に愛されていない私はとても惨めでした。
今、私は私自身を愛しています。どんなことがあっても揺らがないほどに、自分のことを愛しています。駄目なところがなくなったわけでも、自慢できるような長所があったり、功績を残したわけでもありません。ただ、他と比べることなく「これはこれで良いよね」と思えるようになったのです。人から褒められるようなものでなくても、些細な魅力を自分なら気がついてあげられる。ここも駄目だ、これも良くない、ではなく、どんなに小さなことでも自分自身が「悪くないよね」と気に入ってあげれば、それがまた一歩を踏み出す力になるのです。 そして、どれほど駄目な部分が目立って見えたとしても、情けなくなるほどの失敗をしてしまっても、自分の全てを否定する理由にはなりません。一つ嫌なところが見えてしまえば、糸に絡まったように次々と嫌な部分が見えてきますが、その連鎖はただ自分を悲しい気持ちにさせるだけでした。それに失敗をする度に、自分の全てを否定していたら、本来の反省して前に進むべきところから大きく遠ざかってしまうのです。私はこれに気がつくまでとても長い時間がかかってしまいました。
自分自身を愛することは人生においてもっとも心強い味方がいつもそばにいるようなものです。自分のすることやできたことをほめることも、失敗を乗り越えて前に進むことも、愛して、愛されている自分だからこそできることなのです。 私を愛している私がいることで、より強く歩んでいけるような気がしています。

2020年卒業生 黒石 了さん

教師インタビューteacher Interview

挫かない教育を守り育てます

本校の創立は1875年(明治8年)、まだ女子が望む教育を享受できる時代ではありませんでした。その上に「女は3界に家無し」と言われ、あらゆる場において、女性は人権も地位も認められない世の中でした。 そのような日本社会において、女性の能力を開花させるべく熱意を傾け、「小さくも温かな学び舎」を誕生させたのが本校創立者のキリスト教宣教師のミス・G.エディです。彼女は、「草花は下手に手をかけすぎなければ自分で成長する」との思いで「どの子も温かな見守りの中で、自ら成長を遂げる力が備わっている。」との教育観で本校教育をスタートさせました。この考えは今も大切に受け継がれています。
さて、創立から146年目を迎えた現在でも、「女性の能力が開花できている」とはいいがたい現実があります。日本では、教育分野ですら、大学合格ラインが男女で差を設けている現実には唖然とさせられたのはつい最近でした。雇用問題も非正規雇用が多い女性に、コロナ下ではさらに「雇止め」の波が押し寄せています。毎年公表される「ジュエンダーギャップ指数2021」(国際経済府l-ラム調査)の結果は156か国中120位です。
 本校が女学院として存続する意義は「女子の能力や可能性や希望を挫かない」ということです。私は、生徒たちにノーベル賞受賞者のマララ・ユスフザイさんの話をよくします。その時にはいつも、女子教育に力を注いだ彼女の父のジアウディンさんの言葉を想起します。
「人口の半分を占める女性たちの力を信じていないのならば、その国は片方の翼で飛んでいるようなものです。鳥は一つの翼では飛べない。二つの翼が必要です。」社会が、家庭が「女の子の翼を切らない」ためには、すべての人々が、あらゆる場面において、男女平等を実現させる歩みを止めないことです。そのためには、男性はもちろん女性も意識を変えることです。そのためには教育が重要です。
本校の教育の土台はキリスト教の教えです。
「すべての人が愛される存在である」「すべての人は神から賜物を与えられている」この教えに基づき、「大切な存在であるあなたの賜物を磨き育む」ことに本校のミッションがあります。
 本校を巣立つ時、どの生徒も、「自らの存在価値を自覚し、自らの成長を実感できる」ことを願い日々の教育を進めています。その願いに生徒たちはしっかりと答えるべく成長を遂げています。

校長 今井 千和世

英検1級合格者の本音トーク

高校3年生で英検1級に合格した大原さんと辻田さん(ともに大阪薫英女学院中学校卒業)にスポットを当てました。
♦英語は好きですか?
大原さん: 小学校の頃は無関心でしたけど、中2の頃から英語の成績が良くなってきて、「もしかして、英語が得意なんかな」って思えるようになりました。ただ、好きか?と聞かれたら…(笑)
辻田さん: 言いたいことは分かるよ(笑)もう、好きとか嫌いでは捉えてなくて、日本語と同じ会話のツールだと思っています。意思疎通としての手段だと思ってからは、なんの抵抗もなく、英語を受け入れることができました。
♦英語の学習で頑張ったことは?
大原さん: 単語が苦手だったので、過去問で分からなかった箇所の復習をたくさんしました。ひたすら復習って感じです。
辻田さん: わかる!!やっぱり単語が一番大変。英検一級って、政治的な問題とか専門用語ばかりでてくるので、単語力が試されますから。私は自分で勉強することも多かったけど、友達からは薫英生全員で取り組む「単語リレー」がすごく役に立ったとよく聞きました。
大原さん:面接試験前の対策も本当に助かりました。ネイティヴの先生が1対1で毎朝やってくれて、的確なアドバイスをもらえました。どこが良くてどこが悪いのかを評価してくれたことで、自信にもつながりました。
♦薫英の「いいところ」は?
辻田さん: 先生と生徒の距離が近いところですね。心配事や悩んでいることがあったら、すぐに相談しています。
大原さん: 私も先生にすぐ相談します。わからない問題とか毎日の授業の学習面も気軽に聞きに行けるところは、薫英の一番いいところです。

詳しい学校情報はこちら
学校自慢